Top
<   2014年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
手元をきれいに。。。
3月最後のお稽古、吊り釜。。。

ゆら~・・・・・・・ん・・・・
 ふわ~・・・・・・ゆら・・・

吊り釜につられて
私の体も
    ゆら~・・・
「揺れてますよ・・」

あ、はい。

一つ一つ丁寧にしながら、
速さというか、流れる様子を覚えていく。。。のが課題です。

本日は、

気になっていた、茶碗を持つときの指の位置、
袱紗捌きの時の親指の滑り方、


実はそんなことが一番気になるものです。

吊り釜は、少し暖かくなってきて、
炭が少なくても(熱さを強く感じずに)湯が沸くので、
この時期に適している。

炭の置き方が五徳がないので違う。

春を感じるころに。海松貝など、の飾りが出る
本日は海松貝の蒔絵のお棗

抱清棚(ほうせいだな)
棚に薄茶器(なつめ)を飾っておく。
柄杓と蓋置も。

湯返しはしない?のかな?
柄杓を撮るときは左手で柄杓の真ん中、両サイドを上からつまむ要領で取り出す。
掛けるときは。。。
水差しのふたを閉めて、蓋置の上の柄杓を右手でもって、
左に預けて、左手の指で柄杓の真ん中の両サイドをつまんで、
掛ける。。。。。。はず。

初めの仮置きは、左手でお茶碗をおく。
両器の拝見の時は、右手で仮置きへ。



清水焼のお茶碗は。。。。お湯の熱が。。指にあつい。。

お茶碗を回すときも、右手は横より向こうにいかない。

膝をくうとき、まず、反対のひざを付けて、
動く方向のの膝を開いて、合わせて。。。
にじにじと。

ううむ。。。

茶道 ブログランキングへ
Top▲ | by yasuko6866 | 2014-03-27 17:17 | お茶
今日は春分の日
何もしないぞ


ずっとだらしなくしてるんだ。


パジャマだって脱がないし、
              外にも出かけないし、
家事もしないんだから。。。。。。


と、朝の6時に決意。


                                変だな。


だら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと

する予定。。。

結局、
着替えて、
結局
でかけてしまった。

その上、なぜか、

作りおき惣菜まで夢中になって作って、
食べきれない程夕食を作り
おまけに、金柑のハチミツ煮まで作ってしまった。。。


しまったな。。。


おもいっきり、
贅沢に休ませるはずだった私ちゃん。

ま、

いっか。

動きたかったらしい。

春が来てくれた感謝
桜、チューリップ、スィートピー

d0185268_0181979.jpg



茶道 ブログランキングへ
Top▲ | by yasuko6866 | 2014-03-22 00:16 | 感謝
条件は。。。
友人と仕事に対する姿勢と自分の大事な物に突いて話してて気がついた事がある。

d0185268_0541446.jpg


私より優秀な人、
大学も院も出て研究してる人、
たくさんの体験をしてる人
有名な人
本を書いてる人

たくさん
たくさん
たくさん
素敵な人は居る。

その中で私に仕事を頼む人の
仕事の条件は、

多分さ、

「私」だから。

条件は、「私」
だから。私に依頼してくるんだ。

うう。
頑張ります!
Top▲ | by yasuko6866 | 2014-03-19 00:54 | 感謝
磨かれていく時
いろいろな出会いがあって、

d0185268_22331227.jpg


現在、

秦由佳式の潜在数秘術を、勉強させて頂き。。。かけてます。

誰のせいにもしない
どんな過去の出来事のせいにもしない
「いじめ」「虐待」「成長時の家庭の問題」
「おかあさん」「性的虐待」「ストーカー」
「障害」「見た目のコンプレックス」
そんなものすべて霧散させてくれる。。。

誰のせいにもしない人生
見張る事の無い人生

誰も自分を傷つける事はできないのだ、傷つけていないのだ

と言う事を静かに知る事になります。

あなたは、あなただ。
私は私だ。

そういう事ですものね。

磨かれていく時に、
呆然とするくらい真っ白になる感覚がああります。
自信が無いとか
腹が立つとかのもっとそっちに

ぼーぜん。。。。。

と。。。

その後、ぼろぼろぼろっと
はがれ落ちていくものがあります。
でも、はがれたんじゃなくて、本当は、
自分であると思ってたもので
泥・・・・?

びっくりする程
力の抜ける自分に出会う。。。


楽に、自由になりましょう。
Top▲ | by yasuko6866 | 2014-03-18 22:36 | 感謝
冬の桜
部屋の桜が満開です。

d0185268_1610260.jpg


お正月頃から2月入る頃に、桜の枝は
くすんだ茶色から、灰色になり、桜色に変わっていきます。

その桜色が、花芽の頃には無くなり、花びらから色が溢れ、咲き誇ります。

桜の枝が色づき始めた頃に、
本当に寒いのに、
春が来ている事を感じます。

桜の色は、あの枯れたような枝の中で
生まれ、うごめき、春を知らせるのを待っている。。


思えば私はこうし要項なろうと思ってそれに努力して獲得したものは、
2つだけです。

一つは中学受験。
これは受験もそれに伴う勉強も通学も許してくれた両親に本当に感謝してます。
あの学校に行かなければ出会わなかった人、考え方、。。。

もう一つは看護師。

以上。

他の人生はいつも決めるまでもなく、連れて行かれるようでした。
決まっていた就職先も、
突発的な事で変更になったり、

最終的には自分で決定しているのですが、
結局、いつも気がつくと、
「何故、ここに来た?」
「何故、ここにいる?」
と言う事がばかり。。。

欲しいと思っていた手助けはいつもすぐにやってくるし
学びたいと思ていた事にもすぐご縁がつながるし、

ただ、

予想外なつながり方と発展をするのだけれど。。。


桜をみると、

次ぎの桜は
どんな私が観るんだろうと思う。

大丈夫。
何も無いと感じるときは、
もう、色が中に満ちてる時。

翼が背中で実は風をためているとき
背中がすうすうするかもしれない

私より私が解っている師がいる。
私より私の能力を知る働く人がいる。

私はただ任せる事、任される事を信じればいい。

私が私である事。それが私の仕事。
Top▲ | by yasuko6866 | 2014-03-18 16:32 | 想い
ご縁
私は、いつも出会いに恵まれてる。。。

友人や、師

出会いにも別れにも恵まれてる。。。

たくさんの優しさの中で、

愛しさも悲しみも傷みも身の置き所がない感じも
経験させてもらった。

「ありがとう」ってどう表せば良いのか解らないし
それが相手に果たして「ありがとう」って思われてないかもしれないし

「がんばる」の意味間違っちゃった事もあるし、
それで、何とも情けないような申し訳ないような恥ずかしいような気持ちになった事もあるし、

寂しい気持ちも
腹立たしい気持ちも
開いた楽しさも



いつも私は、出会いに恵まれてる。

また出会いの春が巡ってきてる。

今年もたくさんたくさん
感じて、抱きしめて取り入れていこう。

華が開くように、
緩んでいくように

d0185268_028412.jpg

Top▲ | by yasuko6866 | 2014-03-16 00:29 | 想い
世界中の仲間!
仕事場で『恋チュン』作りました。

世界中の仲間が出てます。

ご覧下さいませ。



あ、緒方貞子さんはでてません。
Top▲ | by yasuko6866 | 2014-03-15 23:51 | 感謝
ダメダメなとき。。。。
すごく調子がいいと、わざとの様に不調や自分の誇りを傷つけるようなことをしてしまう。

ほめられるのが怖い
自分が「いい」と思われるのが怖い


なぜか。。。

好いから好かれると思っているから。

調子がいいからでもなく、
できてるからでもなく、
それはただの状況で、

どんなに最低での、実は絶好調で、

どんだけだらしなくても
じつはちゃんとしてて

どんだけできてなくても
素敵だよ


ってことを認めさせたいのだね。。。。。

ね?

では、そうすることとします。


サイテーな私に、最高の感謝を。。。


d0185268_16512268.jpg




茶道 ブログランキングへ
Top▲ | by yasuko6866 | 2014-03-14 16:52 | 想い
チョッコレート♪ チョッコレート♪ チョッコレート♪ は・・・・
あったかい。。。。日ですが。。。。。。また寒くなりませんように。。。。。


なんて祈りながら背中で光合成。。。


先日の『キレイで世界を学ぶ』にご参加いただけなかった皆様から、
こっそり質問&お願いをいただきました。。。

「チョコレート、どれが良いか紹介して。。。。」

こら!

と言ったものの。
一人二人の方ではなかったので。。。

情にすぐ流される私です。。。

キレイ条件
美肌とダイエットの為のチョコレートは

1.  カカオ成分70%以上
2.  フェアトレードである

食べ方は。。。。
まぁ、これ以上出したら、参加の方に怒られちゃうので、
オススメのチョコレートだけご紹介しますね。



div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;">
【季節限定(11-4月)】グリーンドリーム オーガニックチョコレート(クランベリー)55g






チョコレートは女子のキレイの味方です。
是非、取り入れていただきたいアイテムです。
Top▲ | by yasuko6866 | 2014-03-12 22:01 | 美味しいhappy♬
生きててくれてありがとう
3年前のあの日の記憶がすっぽりと抜けている部分があります。

仕事で名古屋の職場におりました。
仕事場は1階で、うわ〜〜〜〜〜〜んんゆら〜〜〜〜〜〜〜〜ん
長い時間揺れました。
いつもの目眩なのかと思ったくらいです。

その後の記憶が正直ありません。。。


記憶が戻るのは、
釜石の叔父を捜す為に、Twitterやmixiで呼びかけ、
情報を収集する事に集中している所からです。
釜石の全く変わってしまった様子や、
叔父との連絡が取れない父の憔悴しきった様子、
実際の情況が解り始めた頃です。

何日も経って、
やっと叔父と連絡が取れました。

叔父の当時の手紙を公開させて頂きます。
≪注≫は、私が入れました。

3月11日午後2時46分、私はのぞみ病院(旧市民病院)でパソコン講習会をやっておりましたら、突然ぐらぐらと机が動き始め、パソコンを落さないよう抱きながら、この建物が崩壊しないことを祈り、30秒ほどへばりついていましたが、とても揺れが収まらないので、壁際に行って壁に30度くらいの角度で手を突いて立っておりました。
やがて揺れが収まったので、急いでパソコンをしまい、2階の生活応援センターというところに行って、情報をテレビで見てました。
やがて、テレビが高架橋下の状況を映し出し、これはものすごい津波になるぞということで、9階屋上から市街地を見てましたらもう病院の下まで水が流れ込んできました。
病院の隣は「藤勇醸造」ですが、そこから人が駆け出してきて必死に病院のフェンスを登り始めたので、3階に下り、数人で、女性一人男性二人をフェンスの中に引き込みました。
そのうち、病院の前の木に3人登っているというので、看護婦さんたちと病院職員5-6人でシーツをつなぎ合わせて、応急のロープを作り、ズブヌレの人を玄関の屋根から引き揚げ助けました。
停電になり、一晩病院の椅子で過ごしましたが、病院はただちに野戦病院体制を敷いて、運ばれてくる患者の治療体制をとったのはさすがでした。
4階以上には入院患者がおりましたが、みな停電のなかじっと耐えて朝を待ちました。
私は病院の中におりましたので助かりましたが、2階生活応援センターで一緒にいた人の中で、外に出て行った方々は亡くなりました。
その後は電話なし、電気なし、水道なし、都市ガスなし、といった生活が続きました。
翌日、午前6時半に病院を出て、大平≪注:おおだいら≫に着いたのは、午前10時でした。≪注:通常は、1時間もあれば到着する距離≫誰もいない瓦礫の街をあるくということは、不気味なものです。
矢の浦橋を渡るときは、余震による小さな津波で、川が波立っているのを一人で渡るときはもう走りました。
ただの橋ではない状態で、いろいろなものが橋に引っ掛かっており、川が波立っているというのは本当に誰か助けてと云いたくなりそうでした。
それからが避難所生活の始まりです。
救援物資はすぐに配布になりません。その間、町内会の皆様の協力によって、米・みそ、などを持ち寄って、三度三度のご飯を提供してきました。3日目くらいから、自衛隊が食糧、灯油、ガソリン、その他の物資を届けてくれるようになり、集会所の中は、救援物資の山となりました。
夜はローソクの灯りと、ストーブの灯りで、午後7時から朝6時までお休みの時間としました。
11時間も寝たことがないので、途中で何回もトイレに起きだしました。
5日目にやっと電気がきました。その時はみんなでパチパチと手をたたいて喜びました。
下水処理場が津波にやられ、施設を消毒つ掃除をするため、給水は止められているようで、今日現在≪注:3月30日≫も水は来ていません。
自衛隊が、午前午後と給水にきます。津波被害は、大渡り橋から東側で、五の端以西の住宅は何の被害もないので、鈴子を境に環境が一変します。そのほか、新幹線はまだとおていませんし、釜石線も動いていません。電話も固定電話はダメですし、ソフトバンクの携帯はまだ通じないといってます。
そのほか、被災された方を、いつまでも避難所においておけないということで、内陸部の温泉や旅館に一時避難ということで、1か月ほど移転させる計画で、城山小学校体育館にいた避難者から20名ほどが、移転して行きました。
このように、釜石は徐々に落ち着きを取り戻してきております。
この騒ぎが収まれば、今度は復興計画が始まります。
騒ぎが収まったら、旅行にも出られますので、それまでは我慢我慢の生活です。連絡も取れず、みなさんには心配をかけ通しましたが、何とか生きてますのでご安心願います。
やはり、人間最後になりますと、連絡は徒歩、手紙は遅くてもちゃんと通じます。まずは生きてる証の手紙です。


当時77歳の叔父が、
釜石で生まれ、
第二次大戦中に弟(私の父ですね)を連れて疎開し
終戦後は兄を亡くし。
その後も釜石で育ち、
大学卒業後は釜石に戻り、
釜石で公務員となり、
戦後の釜石を作った人が、
どんな思いで、この恐ろしい顔を見せた釜石を見たのだろう。。。
叔父が、叔父を助けてくれて本当に本当に良かった。
叔父は、地震の直前、家電量販店によった所までは解ったのですが
そこは、誰一人生き残った人の居ない店舗でした。
それが解った時、兄も私も父に言えませんでした。
もし、地震がもう少し早かったら?
もし、叔父がPC教室に行っていなかったら?
もし、地震のあとすぐ自宅に戻ろうとしていたら?
叔父が、生きててくれてよかった。
父があんなに小さく見えた事は無かったです。
叔父が助かったようだと知ったときの父の安心した顔も。。。

生き残ってしまったと思っている人に伝えたい。

あなたを守ってくれてありがとう。
あなたを助けてくれてありがとう。
あんなに大変な怖いものから、
大切なあなたを必死で助けてくれてありがとう。


会える人には、今、会おう。
大事な人を今、抱きしめよう。
一人っきりしかいない自分を、誇りにしよう。

3.11に寄せて。。。
d0185268_1838201.jpg


今、叔父は、釜石の再生の最前線で現役状態だそうです。
柔らかな話し言葉と裏腹に、頼もしい、かっこいい自慢の叔父です。


茶道 ブログランキングへ
Top▲ | by yasuko6866 | 2014-03-11 18:42 | 感謝
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin