Top
<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
「健康管理は車の運転と同じです」
相談者さんへ結果や健康管理の説明をするとき、
いろんな例えをするのですが、

もっともわかっていただきやすい例えが

「健康管理は車の運転と同じです。
ただ、人の体は車と違って早々すげ替えができないので、
大事に乗っていただかないと。。。」

安全運転というのは、運転する中で、車の癖や、痛みの度合いがわかってからが大切なんですよ。
運転には好き好きがあって、
車のスピードやハンドル操作、オイルの種類
車高やオーディオの好み、
効率的なのがいいか、
一気に行きたいか、
そうした好みと、車そのものの本来の癖と、
好みの運転によって車の状態がどうなってきているのか、
『自分の偏り』の自覚がまず大事です。
その次に大事なのが、
こうすればこうなるという認識ではなく、
『実行する』ということです。
認識や理解ではなく、
自覚と実行。

健康管理に必要なのは、そのこんとこです。

長く、楽に、楽しく快適なドライブしたいですもんね。

(で、

車嫌いの人にはまた別の例えをしますがね。。。)

危険な運転や無理をさせてるという自覚のある人ほどマメにチェックに訪れたり、
ケアに熱心だったりします。

一番怖いのは、アラームが付いているのに、「わかっている」いつものだと、
そのままの調子で走り続けてしまうことですね。

「自分はこうすれば大丈夫」
って、以外と自分都合でおさめていたり、
「コレしてるから、ま、大丈夫でしょう」
と、関係ないこと関係付けていたり・・・


例として、
「運動?してないけど、結構動いてるし、仕事してるから」
とか
「食事?ビール飲んでるから、ご飯はなしで」

これ、逆ですね。
「仕事してれば運動しなくていいってことにしておこう」
「ビール飲みたいし、代わりにご飯を食べれないってことにしておこう」

仕事は運動ではないし、
ビールは食事ではないです。

肉の代わりになる野菜はいないし、
睡眠の代わりになる薬もないですから。

進路やルート、
運転スピードや運転方法、
休憩場所を変えることはできても、
傷んだまま進むことはできません。

幸い人間の体は、対処法で、傷みかけたときこそ、
変わることができたりすることも多くて。。。

たまには、専門家のアドバイスをちょこちょこではなく、
トータルで受け入れてみてくださいね。

健康管理指導者からの、クリスマスメッセージでした。。

d0185268_1283090.jpg

Top▲ | by yasuko6866 | 2014-12-25 01:28 | ケンコウ
お金もご縁も愛情も同じこと
ふと繋がったことがあったので。。。


『お金を出すときの意識が大事』

    『ものにも気持ちがある』

        『感謝を持って生きましょう』

そんな言葉が、ふわふわふわふわと、泡のように
人の気持ちを翻弄させているのを見て来たけれど。。。

もともとそれを自然にやっていた人には
「いまさら」だろうけれど、
そうでない人には、ただそれはパッケージで手段だったのかもしれません。

先日、友人と会った時に、
どうして今の子、特に30代前後の方は質より値段の話をするのかと
疑問をぶつけてみました。。。

多くの人と関わり、近くも遠くも見渡す彼女は、
「それが最も分かりやすい社会価値とされてる時代だったからだろうね」
と。。。

質とか、手間とか、職人仕事すら。「値段」という価値がなければ認識できないのも、
社会認識も、そこに情報的価値がなければ、認識できない。

「価値観の違い」だよ。と。



この二つの話は、同じことなのかもしれない。。。

値段にお金を払うとうことではなく、

物への感謝、作ってくれた人、手元に届いたこと、
それを表すことが、ファンレターが「お金」
だと思う。
質や、職人仕事、フェアトレードの製品は、
自然とそれが、「お代」に乗せることができる。。。

何が言いたいのかと言われても、
これ以上のことがうまく言えません。

d0185268_2212269.png

Top▲ | by yasuko6866 | 2014-12-22 22:12 | つらつらと。。。
ご冥福を。。。
d0185268_1438319.jpg


大切な思いをいただいた方が、ご帰天されました。

ご恩は茶を少しでも暖かく点てることでお返ししてまいります。
Top▲ | by yasuko6866 | 2014-12-22 21:36 | 感謝
プレゼント
d0185268_02355100.jpg


東京へ、2つの講座とそれらの交流会忘年会兼ねて、行ってまいりました。。。

新幹線ではぐっすり眠りすぎ、熱海すぎに気がつき、
わはは、ギリギリで見えました富士山。

潜在数秘術のパートナーについての講座を受け、そのまま忘年会。

そうそう、私、潜在数秘術のマスターなんですって。
そのうちリンクしていただけちゃうかもしれませんね。

大好きななほさんとお茶して、
同級生とご飯、ワイン。。。

たくさん気持ちを聞いてもらって、
来年の課題なども聞いてもらった。

ありがとう。

翌日はRYC、午後からの講義のため、
ゆっくりご飯に。。。

で、
食べ終わっていったら少しばかり遅刻よね〜

何て思っていたら、1時間間違えててね〜
始まってたんだよね〜
でも30分遅れだったからなんか大事なところは問題無し。

大ラッキーなことに、グループワークは信頼する智美さんと♫

d0185268_21562339.jpg


私が相談者役で、これもラッキーです。

最終的に、自分を今の自分としている理由と、その自分からコアな自分=ゲス自分が、。。。。
いや〜、変な汗出ますわ。
最後に秦由佳本人から指摘されているときにも、
なほさんが隣から指差して笑っていた。。。
見えてる〜〜〜

腑に落ちるとはこのことでしょう。

そしてそのまま忘年会?懇親会?
途中雪がかなり降り、新幹線も遅れ始めてドキドキしましたが、
結局、散会後に品川へ行くと、定刻通りに戻っており、
最後のお茶も、なほさんと♫
で、帰りました。

なほさんがいなかったら、こんなにのびのびしていられなかったと思います。

d0185268_0235679.jpg


そして実感したこと。

わたし、自分のベッドが本当に好きだということがよくわかりました。

皆様、今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
Top▲ | by yasuko6866 | 2014-12-15 00:22 | 感謝
ショートブーツ
物と別れる時に泣いたのは初めてかもしれない。

ヌバックの黒のショートブーツ。
なんども踵を張り替え、何度も起毛に出し、
そしてなんども裏の張替えもした。

もう10年以上一緒の冬を過ごしてきた。

いろんなところへ連れて行ってもらった。
このブーツを履いていると、自分がとても上質で風通しの良い気分になれることを知っていた。
私の足の形となり、それでいてキュッと引き締めてくれていた。

仕事へ行くときの気持ちを奮い立たせ、
面接のとっときの気持ちを思い出させ、

ローマの街をただひたすらトボトボと一緒に歩いてくれて、

わたしは、いつもこのブーツを履いている自分が好きだった。


でも、もう、どれほど直しても、真のくたびれたブーツは疲れが戻ることがない。

直しても、直しても、。。。

ありがとう、
でも、。。。。さみしいよ。
Top▲ | by yasuko6866 | 2014-12-02 01:40 | 感謝
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin